HOME ABOUT JOIN EVENT CONTACT  
   

全世界から応募された着物地のデザインから優秀作品を選び、
パリ日本文化会館にて表彰式が行われました。
そして、京都を始め、アムステルダム、ケルン、パリの4都市で作品の発表会が開催されました。
当協会からも「日本文化産業国際振興協会賞」を授与させていただきました。

第5回 服飾意匠図案コンクール

今回で5回目を迎えるこのコンクールは、 京友禅協同組合連合会が主催で海外市場の開拓、後継者の育成、そして京友禅の振興を目的としたコンクールです。
全世界の人が対象で、着物のデザインを絵画、イラスト、コンピューターグラフィック、テキスタイルデザインなどなどいろいろな形式で描いて応募が可能です。

優秀作品は本物の訪問着や帯、いすなどの商品のデザインとして使われ、京都、アムステルダム、ケルン、パリにて発表会行われ、パリでは、パリ日本文化会館にて「京友禅の未来展」に出品され、優秀作品の表彰式が行われました。

受賞者は下記サイトにて公開されております。

http://www.kyoyuzen.jp/pourkimono/index.html

パリ「京友禅の未来展」
京都
ケルン
アムステルダム

また、当日のセレモニーでは、デザイナー前田真利氏が、
日本伝統の四季折々の花々をモチーフとした手描き友禅の生地で創作した新作衣装を発表いたしました。

日ごろあまり触れることのない東洋の美のデモンストレーションに、
地元フランスの観客から大喝采をいただきました。







©2016 JCI. All Rights Reserved.